石川県金沢市を中心に県内全域をカバー。鉄骨住宅・オール電化などのご用命は、3,000件の施工実績を誇る 丸吾建設へ

強い家に住もうう Let's live in a strong house
会社概要
■商号
丸吾建設株式会社
■建設業許可
石川県知事許可
総合特定建設業(特-19)10159号
■代表者
代表取締役 石田義幸
■本社
野々市市御経塚2丁目30番地
■資本金
2,100万円
■営業エリア
金沢市を中心に石川県全域をカバー
※近郊にお住まいの方もご相談承ります
>> お問い合わせ
リフォーム
 
鉄骨住宅
鉄骨住宅とは
鉄骨は木材より強度が高い上に、不燃材料である。
基本的に鉄骨を骨組みにして建築されている住宅が鉄骨造住宅にあたる。木造に比べると様々な利点もあるので、防火規制の厳しい地域や、狭小地にもご対応できます。また、3階建て以上の建築には多用されている。
鉄骨住宅とは

鉄骨住宅のメリット
強度・耐震性
強度・耐震性
まずは何といっても鉄骨そのものによる強度・耐震性の高さでしょう。そして鉄骨住宅は、2階・3階の床はコンクリートが流し込んであるので、振動を抑えます。
 
大きな部屋
骨組みが鉄骨だから柱や壁を気にせず自由で大きな部屋を作る事ができます。「くらし」に合った使える収納がたくさんつくれたり、大きな窓の広くて明るいリビングや、家族が集まる対面型のダイニングキッチンがつくれます。
大きな部屋
ながく住まう
ながく住まう
鉄骨住宅は、頑丈で耐久性に優れているから、
ながく安心して住まい続けることができます。
 
バリアフリーや環境
段差が少なく、廊下が広いバリアフリーの家を作ることもできます。また、骨組みが鉄骨だから、防腐・防蟻処理がいらず、VOC(ホルムアルデヒド)の対策も万全です。骨組みは100%リサイクル可能。建設現場のゴミも少なく、環境に優しいのです。
バリアフリーや環境
プライバシーを守る遮音性
プライバシーを守る遮音性
2世帯住宅でのお互いのプライバシーを確保するためにそれぞれの世帯を1Fと2Fに分離しています。木造住宅では2Fでの足音などが響くことは当たり前ですが、鉄骨住宅では1Fと2Fの仕切りをコンクリートでするのでかなり遮音性を生み出すことができます。2世帯住宅などにお勧めです。
狭小地にもご対応できます。
狭小地を有効利用した3階建て住宅など、狭い土地(狭小地)などに工夫をこらして家を建てることが出来ます。
狭小地にもご対応できます。


一般住宅施工例

プレゼンテーション
プレゼンテーション
長所や短所、特徴や仕様などを包み隠さず、詳しく説明させていただきます。(プレゼンテーションはご予約制となっております。事前に電話、メール等でご希望の日時をお知らせください。)
敷地調査
敷地調査
隣家との関係、例えば窓の位置、太陽の向きなど設計のもととなるデータを収集します。また、このときに簡単な地盤調査等を行います。
地盤調査
地盤調査
どんなに頑強な建物でも地盤が弱ければ意味がありません。サウンディング式地盤調査によるデータをもとに、その土地に合った最良の基礎工事を選択します。
カラーコーディネート・着工
カラーコーディネート・着工
お部屋のカラーコディネートや照明、システム収納のデザイン、さらにはガーデニングのコーディネート等、幅広くご相談を承ります。また、着工前には、地鎮祭の手配やご近所への挨拶など、細かい作業もスムーズに行ないます。
完成
完成
引渡し前には、社内検査・施主検査を行い、完璧な状態でご入居いただけます。

ご意見ご質問等お気軽にご相談下さい。お問い合わせはこちらから
>>>お問い合わせ
TOP鉄骨住宅施工例商品紹介お問い合わせ会社概要| 
丸吾建設株式会社